ひとり親家庭住宅手当

20歳未満の児童を養育しているひとり親家庭で、賃貸住宅にお住まいの方に支給します。

  • お金
  • ひとり親
  • 生活
  • 地域独自
  • その他

ひとり親家庭住宅手当の説明

ひとり親家庭住宅手当とは

ひとり親家庭の家賃を補助する制度です。

対象

本市に居住し、かつ本市の住民基本台帳に記録されているひとり親家庭の世帯主で、自ら居住するための住宅(貸間を含む)を借り受け、次のいずれかに該当する20歳未満までの児童を養育している父母又は養育者の方は、申請により支給します。ただし、所得制限があります。
1.父または母が婚姻(事実婚)を解消した後、父または母と生計を同じくしていない児童
2.父または母が死亡した児童
3.父または母が規則で定める程度の障がいの状態にある児童
4.父または母の生死が明らかでない児童
5.父または母が引き続き1年以上遺棄されている児童
6.父または母が配偶者からの暴力により裁判所からの保護命令を受けている児童
7.父または母が法令により1年以上拘禁されている児童
8.婚姻(事実婚を含む)によらないで生まれた児童
※生活保護法の規定による保護などを受けている場合を除く

所得制限限度額

〇扶養親族などの数:0人
本人所得額:192万円
〇扶養親族などの数:1人
本人所得額:230万円
〇扶養親族などの数:2人
本人所得額:268万円
〇扶養親族などの数:3人
本人所得額:306万円
〇扶養親族などの数:4人
本人所得額:344万円

支給額

1万円を超えた家賃額に対し、月額1万5000円を限度として支給

申請方法

次の書類などを添えて、請求者本人がこども家庭課の窓口で申請を行ってください。
1.賃貸借契約書(原本)または家賃証明書
2.戸籍謄本
3.保護者名義の預金通帳
4.印鑑
5.課税所得証明書(※)
6.個人番号カード(本人)
※申請する年の1月1日(1月から7月の申請の場合は前年の1月1日)に、浦安市に住所があった方は不要です。浦安市に住所がなかった方についても、平成29年秋以降は他市町村との情報連携が開始されるため、課税証明書の添付が不要となる予定です。

現況届

手当を引き続き受給するために、毎年8月1日から8月末日までの間に住宅手当現況届の提出が必要です。
現況届が提出されない場合は、手当の支給が差し止めになります。通知は7月末に発送します。

子育て世帯を応援している千葉県のスポンサー

浦安市の関連制度

浦安市のピックアップ