ひとり親家庭等日常生活支援事業

家庭生活支援員を派遣し、必要な家事・保育等を行っています

  • 保育・教育
  • ひとり親
  • 地域独自

ひとり親家庭等日常生活支援事業の説明

ひとり親家庭等日常生活支援事業とは

修学等の自立促進に必要な事由や病気等の社会的事由により、一時的に家庭支援サービスが必要な一定所得以下のひとり親家庭等(母子家庭、父子家庭、寡婦)に対し、家庭生活支援員を派遣し、必要な家事・保育等を行っています。

ひとり親家庭等日常生活支援事業

〇支援サービスを受けることができる人は?
市内在住で、児童扶養手当の支給を受けているか又は、同様の所得水準にある人
〇利用料金は?
無料(費用は市及び県と国が負担します。)
〇利用期間は?
原則として、年間10日間まで
〇サービスの内容は?
乳幼児の保育、食事の世話、住居の掃除、買い物など
〇サービスを受けられるのはどんなとき?
・社会的理由(病気、災害、冠婚葬祭、学校等の行事への参加など)のとき
・自立促進に必要な事由(就職活動、技能習得のための通学など)のとき
〇サービス利用の手続きは?
1.登録手続
日常生活支援サービス登録申請書を窓口に提出
2.サービスの利用申込
日常生活支援サービス利用申請書を窓口に提出
3.事前打合せ
家庭生活支援員とサービス利用者との打合せ
4.活動開始
家庭生活支援員の派遣等

※詳しくは「詳細はこちら」をご覧ください。

子育て世帯を応援している神奈川県のスポンサー

茅ヶ崎市の関連制度

茅ヶ崎市のピックアップ