イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

ひとり親家庭等日常生活支援事業

日常生活を営むのに支障が生じている場合にその生活を支援する者を派遣します

  • ひとり親
  • 地域独自

ひとり親家庭等日常生活支援事業の説明

ひとり親家庭等日常生活支援事業とは

母子家庭、父子家庭及び寡婦が、修学等の自立を促進するために必要な事由、若しくは疾病等の事由により一時的に生活援助等が必要な場合又は生活環境等の激変により日常生活を営むのに支障が生じている場合にその生活を支援する者(家庭生活支援員)を派遣することにより、ひとり親家庭等の生活の安定を図る事業。

内容

家庭生活支援員は、家事、介護及びその他の日常生活の支援とし、次の各号に掲げるもののうち必要なもの。
1.食事の世話
2.住居の清掃
3.身の回りの世話
4.生活必需品等の買い物
5.医療機関等との連携
6.その他必要な用務

派遣の日数及び時間

派遣の日数は、1回の要請事由ごとに原則として7日を限度。1時間単位で派遣します。

該当者・対象者

派遣対象は、市内に居住するひとり親家庭等であって、次の各号のいずれかに該当する場合に行う。
1.技能習得のための通学、就職活動等自立促進に必要な事由又は疾病、出産、看護、事故、災害、冠婚葬祭、失踪、転勤、出張、学校等の公的行事への参加等社会通念上必要と認められる事由により一時的に生活支援が必要な場合
2.生活環境等が激変し、日常生活を営むのに、特に大きな支障が生じている場合
3.その他、市長が必要と認める場合

申請・提出期限

事前登録が必要です。
・登録期間
8月1日から12月31日までの登録者は翌年7月31日まで
1月1日から7月31日までの登録者は当該年7月31日まで 継続して登録される場合は、再度登録の手続きをお願いいたします。

申請者

本人が持参

申請時提出物

印かん

子育て世帯を応援している愛知県のスポンサー