イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

風しん予防接種の費用助成

妊娠を予定又は希望する女性及びその夫に風しん予防接種の費用助成があります

  • 医療
  • 地域独自

風しん予防接種の費用助成の説明

風しん予防接種の費用助成とは

妊娠を予定又は希望しする女性及びその夫に対する風しん予防接種の費用助成の案内です。

令和2年度風しん予防接種の費用助成のお知らせ

常滑市では、風しんの流行を抑え、更に先天性風疹症候群の発生を抑えるため、下記のとおり風しんワクチン(麻しん・風しん混合ワクチンでの接種です)の予防接種の一部助成をします。

実施期間

令和2年4月1日~令和3年3月31日まで ※医療機関休診日は除きます。

対象者

常滑市民で接種日より過去2年以内の風しん抗体検査においてHI抗体価が16倍以下相当(詳細は別表)の1~3のいずれかに該当する方
注意:妊娠中又は可能性のある方は受けられません。なお、接種後2カ月間は妊娠を避けることが必要です。

妊娠を予定又は希望する女性(経産婦を含む)
1の夫(内縁関係にある者を含む)可能です。
妊婦の夫(内縁関係にある者を含む)

接種補助回数

1回(麻しん・風しん混合ワクチンを接種)

助成金

8,410円

自己負担金

3,000円(指定医療機関の窓口でお支払いください。)ただし、生活保護世帯員は自己負担金が全額免除されます。
※抗体検査の費用が、別途必要となります。

申込方法

保健センターへ下記持ち物を持って来所し、助成金交付申請をしてください。申請後、麻しん・風しん混合予防接種の予診票をお渡しします。申請後、早めに接種してください。

持ち物

過去2年以内の風しん抗体検査結果の写し(ただし、経産婦の場合は、過去2年以内に受けた妊婦健診における抗体検査の検査年月日及び検査結果が記載された母子健康手帳のページと、被接種者氏名の記載されている母子健康手帳の表紙のページの写しでも可とする。)

抗体検査について

妊娠を予定または希望する女性(経産婦を除く)および、夫などの同居者
県が無料で実施する風しん抗体検査事業の対象となる場合があるので、保健所へ事前に申請してください。県が実施する風しん抗体検査事業については愛知県のホームページをご覧ください。

経産婦のうち過去2年以内の検査結果を証明できない方や夫

全額自己負担で医療機関にて受けてください。

詳しくは「手続きなどの詳細はこちら」をご覧ください。

子育て世帯を応援している愛知県のスポンサー