イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成制度

身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度難聴児の補聴器の購入費用に対し助成

  • 医療
  • 地域独自

軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成制度の説明

軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成制度とは

身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度難聴児の成長期における言語の習得や学習、コミュニケーション力の向上のため、補聴器の購入費用に対し助成を行います。

対象

以下の要件を満たす18歳未満の児童
・身体障害者手帳の交付対象とならないこと
・両耳の聴力レベルが30db以上70db未満であること
・補聴器の装用が必要であると医師の診断を受けていること 等

助成額

補聴器の購入費の3分の2(※基準額を超える場合は基準価格の3分の2)

申請方法

事前申請が必要です。必ず、購入、修理する前にご相談ください。
申請の際は、マイナンバーカード(個人番号カード)または通知カードが必要です。

交付制限

その他の法令の規定に基づき、補聴器購入費用の助成を受けられる児童
所得制限があり、補助を受けられない場合があります。(補装具費と同等)

特記事項

1.交付には医師意見書が必要です。
2.交付した補聴器には耐用年数があります。
3.耐用年数内での再交付には「修理に関する意見書」等が必要です。ご相談ください。

子育て世帯を応援している福井県のスポンサー