日常生活支援制度

ひとり親家庭で、家事や育児が困難な時、家庭生活支援員を派遣

  • 保育・教育
  • ひとり親
  • 生活
  • 地域独自

日常生活支援制度の説明

日常生活支援制度とは

母子家庭及び父子家庭等の方が修学や疾病などの理由により、一時的に介護や保育サービスが必要な場合に、家庭生活支援員の派遣を受けられる日常生活支援制度がご利用いただけます。
費用は、利用者の所得に応じてご負担いただきます。
こども福祉課窓口でご相談ください。

派遣が受けられる事由

〇自立促進に必要な事由
 母又は父・寡婦の方が,自立に必要な勉強等をするとき,又は就職活動をするとき。
〇社会的に必要な事由
 冠婚葬祭,出張及び学校等の公的行事への参加のとき。
〇その他の必要な事由
 ケガや病気,事故,災害,看護等で,介護や保育等のサービスを受けたいとき。

派遣対象

母子家庭,父子家庭及び寡婦の方

実施の場所

・利用者の居宅
・家庭生活支援員の居宅
・講習会等受講している場所
・児童館,母子生活支援施設等の利用しやすい適切な場所

派遣内容

・乳幼児の保育
・食事の世話
・住居の掃除
・身の回りの世話
・生活必需品等の買物
・医療機関との連絡 その他

派遣期間

1回の要請の事由で,原則として10日以内。

日常生活支援制度に関するお問い合わせ

健康福祉部福祉事務所 こども福祉課
郵便番号314-8655 茨城県鹿嶋市大字平井1187番地1 市役所第2庁舎1階
電話:0299-82-2911(代表)
FAX:0299-83-7809
メール:kodomo1@city.ibaraki-kashima.lg.jp

子育て世帯を応援している茨城県のスポンサー

鹿嶋市の関連制度

鹿嶋市のピックアップ