茨城県不妊治療費助成事業

特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けた方の、治療費の一部を助成

  • お金
  • 医療
  • 妊娠
  • 地域独自

茨城県不妊治療費助成事業の説明

茨城県不妊治療費助成事業とは

茨城県では不妊治療に係る経済的負担の軽減を図るため、その治療費の一部を助成します。
所得要件等がありますので、必ず申請前に保健所にお問い合わせください。

対象となる治療

体外受精又は顕微授精
※これらの治療の過程で行う精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術(男性不妊治療)も含む

対象者

次の全ての要件に該当している方が対象です。
(1)治療開始時に法律上の婚姻をしているご夫婦で、夫又は妻のいずれか一方が県内に住所を有すること
(2)治療開始日における妻の年齢が43歳未満であること
(3)申請日の前年(申請日が1~5月の場合は前々年)の夫婦合算の所得の額が730万円未満であること

※ 「所得」とは、収入から税法上の必要経費を差し引い た額で、「総支給額」とは異なります。また、夫婦合計所得額が730万円以上の場合でも、定められた控除(医療 費控除等)により、該当する場合があります。不明点は保健所までお問い合わせください。

助成内容

(1)助成限度額 一回の治療につき、以下の金額を限度に助成します。
 1.初回(通算1回目)の助成の場合・・・30万円まで
 (治療ステージ(下表参照)がC、Fの場合:7万5千円まで)
 2.通算2回目以後の助成の場合・・・20万円まで
 (治療ステージがC、Fの場合:10万円まで)
 3.体外受精又は顕微授精の治療の一環として男性不妊治療(精巣又は精巣上体から精子を採取するための手術)を行った場合(治療ステージCを除く)・・・1又は2に追加で20万円まで

※「1回の治療」とは,採卵準備のための投薬開始から、採卵、採精、受精、胚移植を経て、妊娠の確認検査まで(または医師の判断によりやむを得ず治療を終了したときまで)の過程を指します。また、以前に行った体外受精または顕微授精により作られた授精胚による凍結胚移植も1回とみなします。

採卵前に男性不妊治療を行ったが、精子が採取できず治療が終了した場合に限り、男性不妊治療のみでの申請ができます。なお、この場合の助成も、通算助成回数の1回の治療としてカウントします。また、過去に特定不妊治療費の助成を受けたことがない方は、男性不妊治療のみであっても初回の助成(通算1回目)となるため、その後の特定不妊治療は、初回治療に限った30万円までの助成の対象とはなりません。

(2)助成上限回数等
初回申請の治療開始日における妻の年齢が
 39歳までの方・・・・通算6回まで
 40歳~42歳の方・・・通算3回まで

※助成回数は、他の都道府県・政令指定都市・中核市で受けた助成も通算されます。
※平成27年度までに通算の助成年数が5年に達したときは、助成上限回数に満たない場合であっても、助成対象にはなりません。
※通算回数は、初回に助成を受けた際の治療開始日における妻の年齢で判断します。
※助成回数は、他の都道府県・政令指定都市・中核市で受けた助成も通算されます。
※43歳以降に開始した治療及び平成27年度までに通算5年に達したときは、通算回数に満たない場合であっても、助成対象にはなりません。

市町村の不妊治療費助成事業

市町村では、県の助成制度とは別に独自に助成を行っています。年度途中でも助成内容等の変更が行われる場合がありますので,詳細は、各市町村へお問い合わせください。

不妊治療費助成事業を実施している市町村一覧(平成30年4月1日)

茨城県不妊治療費助成事業に関するお問い合わせ

茨城県保健福祉部 子ども政策局 少子化対策課 総務・母子保健グループ
電話:029-301-3257

申請方法や医療機関など、詳しくは「詳細はこちら」からご覧ください。

子育て世帯を応援している茨城県のスポンサー

鹿嶋市の関連制度

鹿嶋市のピックアップ