更新に関するお知らせ

一部更新作業を停止している情報があります。

海老名市家庭ごみ ふれあい収集

収集職員が一声かけて安否確認をしながら、ごみを収集します

  • 障がい児
  • 生活
  • 地域独自

海老名市家庭ごみ ふれあい収集の説明

海老名市家庭ごみ ふれあい収集とは

高齢者や障がい者の方で、ごみを集積所まで持ち出すことが困難な世帯、自ら一定の場所までごみを持ち出すことが出来ない方々を対象に、ごみを直接、排出者宅前又は所定の場所まで伺い、収集職員が一声かけて安否確認をしながら、ごみを収集します。

海老名市家庭ごみ ふれあい収集

〔対象者〕
以下のいずれかに該当し、市内在住で身近な人などの協力が困難で、自ら一定の場所まで、ごみを持ち出すことが出来ない場合とします。
ア 精神障がい者保健福祉手帳1級を所持している方
イ 障害年金1級を受給している方
※上記、いずれの場合も障がい者などのみで世帯を構成していることが原則です。
※世帯分離や敷地内に別棟で家族又は親族が居住している場合は対象外となります。

〔収集方法〕次の方法により収集を実施します。
(1) 燃やせるごみ・燃やせないごみ・資源ごみ(缶、びん、布、ミックスペーパー、ペットボトル、容器包装プラスチック及び食品トレー、使用済み食用油)の収集
ア 収集車輌が通行可能な地域については、対象者宅の玄関先等に収集車を止め収集を行います。
イ 収集車輌の通行が困難な狭隘地域(幅員が狭い)などについては、対象者宅付近で車を止め、ごみを持ち出し収集します。
ウ 集合住宅等で、対象者が屋外から粗大ごみを持ち出すことの出来る場合については、建物1階及び対象者入り口の玄関先などから収集します。
(2) 収集場所が屋外に関わらず声を掛けてもらうことを希望する方には、必ず収集の際に一声かけて安否を確認します。

〔問い合わせ先〕
市役所障がい福祉課
電話:046-235-4812/4813(直通)

子育て世帯を応援している神奈川県のスポンサー