産前産後ヘルパー派遣事業

産前産後の体調不良などで、家事や育児が困難な時、ヘルパーを派遣

  • 保育・教育
  • 妊娠
  • 生活
  • 地域独自

産前産後ヘルパー派遣事業の説明

産前産後ヘルパー派遣事業とは

妊娠中の心身の不調等によって子育てに支障がある、又は、出産後5か月(多胎児の場合は出産後1年)未満で家事や育児の負担の軽減を図る必要がある世帯に対して、横浜市が委託した事業者(PDF:305KB)からヘルパーを派遣します。

派遣対象

横浜市内に住民登録をしている世帯で次のいずれかに該当する世帯
(1)妊娠中で、心身の不調等により子どもの養育に支障があり、かつ、日中家事又は育児を行う者が他にいないため、支援が必要な世帯。
(2)出産後5か月(多胎児の場合は出産後1年)未満で、日中家事又は育児を行う者が他にいないため、支援が必要な世帯。

支援の内容

詳しくは、利用規定(PDF:355KB)をお読みください。

(1)家事に関する支援
・食事の準備及び後かたづけ
・衣類の洗濯・補修
・居室などの掃除・整理整頓
・生活必需品の買い物
・日常的に行う必要がある家事

(2)育児に関する支援
・授乳
・おむつ交換
・もく浴介助
・適切な育児環境の整備
・保育園・学校等への送迎補助(保護者同伴の場合に限る)
・日常的に行う必要がある育児

※育児に関する支援は、利用者(保護者)とお子様が一緒にいる場所で行います。ヘルパーとお子様だけの留守番等はできません。

利用回数と料金

(1)利用回数等
 月曜日から金曜日(12/29~1/3・祝日は除く)の9時から17時まで
 1回2時間以内、1日2回まで。
 産前・産後各20回以内 (多胎児の場合は、産後40回以内)。

(2)利用料
 1回(2時間以内)あたり、1,500円。

※なお、条件に当てはまる場合は、証明書を提出することで、利用料の減免を受けることができます。「詳細はこちら」からご覧ください。

産前産後ヘルパー派遣事業に関するお問い合わせ

泉区福祉保健センターこども家庭支援課
電話:045-800-2444
FAX:045-800-2513

申請方法など、詳しくは「詳細はこちら」からご覧ください。

子育て世帯を応援している神奈川県のスポンサー