幼児教育・保育の無償化

令和元年(2019年)10月1日から幼児教育・保育の無償化が始まります

  • お金
  • 保育・教育
  • 地域独自

幼児教育・保育の無償化の説明

幼児教育・保育の無償化とは

令和元年(2019年)10月1日から幼児教育・保育の無償化が始まります。

幼児教育・保育の無償化

幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する子ども
〇対象者・保育料
・3~5歳児クラスの全ての子ども及び0~2歳児クラスの住民税非課税世帯の子どもの保育料が無償化されます。
・幼稚園については、月額25,700円まで(国立大学附属幼稚園は、月額8,700円まで)が無償となります
・3~5歳児クラスの無償化の期間は、満3歳になった後の4月1日から小学校入学前までの3年間です。
(注)幼稚園については、入園できる時期に合わせて、満3歳から無償化します。
・私学助成幼稚園、国立大学附属幼稚園を利用する子どもは、無償化となるための認定の手続きが必要です。
手続きの詳細は、「【幼児教育・保育の無償化】私学助成幼稚園等を利用する方の手続きについて新しいウインドウで」をご覧ください。 
・食材料費、通園送迎費、行事費、延長保育料などは、これまでどおり保護者の負担になります。

〇3~5歳児クラスの食材料費(副食費と主食費)について
・保育所等利用の3~5歳児クラスの子ども(教育・保育給付第2号認定児童)についても、今後は副食費(おかず、おやつなど)を保育所等にお支払いいただくことになります。
・ただし、年収360万円未満相当世帯の子どもと第3子以降(※)の子どもは、副食費(おかず・おやつなど)が免除されます。
※幼稚園・認定こども園(幼稚園部分)は小学校3年生から、保育所・認定こども園(保育所部分)・地域型保育事業所は就学前児童から数えて第3子以降の子ども
・0~2歳児クラスの子どもは、これまでと変わりません。

〇対象となる施設・事業
幼稚園、保育所、認定こども園、地域型保育(小規模保育、家庭的保育、事業所内保育)

幼稚園の預かり保育を利用する子ども
〇対象者・利用料
無償化の対象となるためには、熊本市から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。
※認定申請書に必要書類を添付のうえ、原則通われている園を経由して申請してください。
なお、「保育の必要性の認定」については、就労などの要件(認可保育所の利用と同等の要件)があります。
【新制度移行幼稚園および認定こども園(教育部分)を利用する子ども(教育・保育給付第1号認定児童)の申請手続き】
申請書類・受付期間などの詳細は、決定次第順次ホームページでお知らせします。
【子ども・子育て支援新制度の対象とならない幼稚園(私学助成幼稚園、国立大学付属幼稚園)を利用する子どもの申請手続き】
【幼児教育・保育の無償化】私学助成幼稚園等を利用する方の手続きについてリンク先から新しいウインドウでをご覧ください。
・満3歳になった後の4月1日から小学校入学前までの子どもが対象です。幼稚園の利用に加え、利用日数に応じ1日あたり450円を上限に、月額11,300円まで預かり保育の利用料が無償化 (償還払い)されます。
※住民税非課税世帯については、満3歳から対象となります。
その場合、満3歳となった日から次の3月末までの間は、月額16,300円までとなります。

企業主導型保育事業を利用する子ども
・対象者・保育料
3~5歳児クラスの全ての子ども及び0~2歳児クラスの住民税非課税世帯の子どもの標準的な利用料が無償化されます。
・3~5歳児クラスの無償化の期間は、満3歳になった後の4月1日から小学校入学前までの3年間です。
・企業主導型保育事業の地域枠を利用している子どもは、無償化となるためには、「保育の必要性の認定」が必要です。
※教育・保育給付第2号認定児童または住民税非課税世帯の第3号認定児童が対象です。
手続きの詳細は、「平成31年度(2019年度) 保育所等の入所について新しいウインドウで」をご覧ください。
※従業員枠で利用している子どもは手続きは不要です。
・食材料費、通園送迎費、行事費、延長保育料などは、これまでどおり保護者の負担になります。 

認可外保育施設などを利用する子ども
〇対象者・利用料
・無償化の対象となるためには、熊本市から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。
※保育所、認定こども園などのを利用できていない子どもが対象となります。
※認定申請書に必要書類を添付のうえ、お住いの区役所保健子ども課へ申請してください。
なお、「保育の必要性の認定」については、就労などの要件(認可保育所の利用と同等の要件)があります。
手続きの詳細は 「【幼児教育・保育の無償化】認可外保育施設等を利用する方の手続きについて新しいウインドウで」をご覧ください。

3~5歳児クラスの子どもは月額37,000円まで、0~2歳児クラスの住民税非課税世帯の子どもは月額42,000円までの利用料が無償化(償還払い)されます。
※償還払いとは、利用料をいったん施設にお支払いいただき、そのあと領収書などを添付した申請書を市へ提出いただくことにより、支払った額の全部または一部の支給を受ける制度です。
〇対象となる施設・事業
認可外保育施設、一時預かり事業、病児・病後児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業のうち、市が確認を行ったものを対象とします。
※対象施設は、9月頃ホームページでお知らせします。

〇障害児の発達支援を利用する子ども
障害児の発達支援についても、3~5歳児クラスの全ての子ども及び0~2歳児クラスの住民税非 課税世帯の子どもの利用料が無償化されます。
※詳しくは、各区役所福祉課へお問い合わせください。

※詳しくは「詳細はこちら」からご覧ください。

子育て世帯を応援している熊本県のスポンサー

熊本市西区の関連制度

熊本市西区のピックアップ