子ども医療費助成(ひまわりカード)

0歳から中学校3年生が対象です

  • お金
  • 医療
  • 地域独自

子ども医療費助成(ひまわりカード)の説明

子ども医療費助成(ひまわりカード)とは

乳幼児及び児童の健康の保持と健全な育成を図るためお子様の医療費を助成します。

子ども医療費助成(ひまわりカード)

〇助成対象者
熊本市に住民登録があり、健康保険に加入している0歳から中学校3年生(15歳到達後の3月末日)までの乳幼児及び児童。
※平成30年1月診療分から、助成対象を「入院・外来」ともに中学校3年生までに拡充しました。
※平成30年12月診療分から、小学校4年生から6年生の外来(医科・歯科)と保険薬局の医療費の一部負担金が1,200円から700円へ軽減しました!
詳しくは、平成30年12月から子ども医療費助成制度が変わりました!新しいウインドウでをご覧ください。 

〇受給資格者証(ひまわりカード)をつくる手続き
助成を受けるためには、「子ども医療費受給資格者証」(ひまわりカード)が必要です。申請手続きにはお子様の健康保険証をお持ちください。

〇医療費の助成範囲
助成の対象となるものは、保険診療による医科・歯科・保険薬局にかかる医療費の一部負担金です。

<助成の対象とならないもの>
・入院時の室料差額、おむつ代、薬の容器代、健診代、予防接種代などの保険診療以外の医療費
・入院時の食事代(標準負担額)
※ご加入の共済組合・健康保険組合・国民健康保険組合から家族療養附加金等が支給されるときは、これを控除した額を助成することになりますので、家族療養附加金の有無についてあらかじめご承知おきください。

〇診療を受けるとき
熊本市内の医療機関に「子ども医療費受給資格者証」(ひまわりカード)と健康保険証を提示すると、医療機関窓口で精算されます。
※ひとり親家庭等医療費助成制度、重度心身障害者医療費助成制度との併用はできません。
次の(1)~(5)に該当するときは、いったん医療費を支払った後、各区役所保健子ども課又は、各総合出張所で医療費助成の手続きをしてください。
(1)1ヶ月(暦の月)に、ひとつの医療機関で、入院・外来別で、もしくは、保険薬局と処方先医療機関で支払った医療費が合わせて一部負担金が21,000円以上のとき
(2)熊本県外および熊本県内一部の医療機関で診療を受けたとき
(3)自立支援医療(育成医療)・小児慢性特定疾患に係る一部負担金
(4)治療用装具に係る費用で保険者が保険給付を認めた場合の一部負担金
(5)訪問看護ステーション利用に係る本人負担(基本使用料のみ)が発生したとき
※上記以外でも一部負担金を実際に支払った場合は医療費の助成申請ができます。

〇申請窓口・問い合わせ先
・中央区役所 保健子ども課 TEL 096-328-2421
・東区役所 保健子ども課 TEL 096-367-9130
・西区役所 保健子ども課 TEL 096-329-6838
・南区役所 保健子ども課 TEL 096-357-4135
・北区役所 保健子ども課 TEL 096-272-1104
・託麻まちづくりセンター(託麻総合出張所) TEL 096-380-3111
・河内まちづくりセンター(河内総合出張所) TEL 096-276-1111
・天明まちづくりセンター(天明総合出張所) TEL 096-223-1111
・城南まちづくりセンター(城南総合出張所) TEL 0964-28-3111
・幸田まちづくりセンター(幸田総合出張所) TEL 096-378-0172
・清水まちづくりセンター(清水総合出張所) TEL 096-343-9161
・龍田まちづくりセンター(龍田総合出張所) TEL 096-338-2231

※詳しくは「詳細はこちら」からご覧ください。

子育て世帯を応援している熊本県のスポンサー

熊本市西区の関連制度

熊本市西区のピックアップ