ひとり親家庭等への家庭生活支援員派遣

家庭生活支援員を派遣して保育や日常家事のお手伝いします

  • ひとり親
  • 地域独自
  • その他

ひとり親家庭等への家庭生活支援員派遣の説明

ひとり親家庭等への家庭生活支援員派遣とは

ひとり親家庭のお父さん,お母さん,お子さんや寡婦の方が,病気や仕事などのため一時的に家事や育児にお困りのとき,家庭生活支援員(ホームヘルパー3級以上等の資格のある方)を派遣して保育や日常家事のお手伝いをします。

ひとり親家庭等への家庭生活支援員派遣

こんなときにご相談ください。
・病気などのために子供の世話や家事ができない
・子供の看病のために買い物に行くことができない
・学校行事へ参加している間,未就学の子供の面倒をみてほしい
・冠婚葬祭のときなどに子供の面倒をみてほしい
・母子・父子家庭となって間もないため,家事・育児の手助けがほしい
注:病気の子供の看病はお受けできません

〇利用対象
ひとり親家庭と寡婦の方

〇ひとり親家庭等への家庭生活支援員派遣利用方法
◎登録申請
登録申請になっていますので、できるだけサービス利用開始の2週間前までにお住まいの区の区役所窓口にお申し込みください。

<必要書類>
・登録申請書(区役所窓口にあります)
・ひとり親家庭等であることを証明する書類(戸籍の全部事項証明書[戸籍謄本])
・申請者の個人番号(マイナンバー)を確認できるもの
通知カード、個人番号カード
・ 申請者の身分証明書
(運転免許証等顔写真入りのもの,顔写真入りの身分証明書がない場合は,身分を確認できるもの2種類以上)
※平成28年1月1日より,申請時に個人番号(マイナンバー)の記入が必要となります。

◎派遣申請
家庭支援員の派遣を希望するときは、お住まいの区の区役所窓口にお申込みください。
<必要書類>
・派遣申請書(区役所窓口にあります)
・主たる生計維持者の前年(1月~6月の間にあっては前々年)の所得を証明する書類(他の市町村から仙台市へ転入してきた方)
・生活保護世帯の場合は生活保護受給証明書の写し

〇利用時間
時間は1時間単位で通常午前9時から午後6時までの範囲です。
(この時間帯以外の場合はご相談ください。)

〇ひとり親家庭等への家庭生活支援員派遣利用料金
所得の状況に応じて利用料金が算定されます。
・所得の状況:生活保護受給世帯・市民税非課税世帯
利用料金(1時間あたり):無料
・所得の状況:児童扶養手当支給水準世帯
利用料金(1時間あたり):150円
・所得の状況:上記以外の世帯
利用料金(1時間あたり):300円

仙台市では、平成26年4月から婚姻歴がないために税金の寡婦・寡夫控除を適用されないひとり親の方に対し、控除を受けているものとみなして利用料金を算定することになりました。これによって利用料金が減免される場合がありますので、詳しくは登録のお申込みの際にご相談ください。

〇申し込み・問い合わせ先
お住まいの区の区役所家庭健康課
青葉区家庭健康課 022-225-7211(代表)
宮城野区家庭健康課 022-291-2111(代表)
若林区家庭健康課 022-282-1111(代表)
太白区家庭健康課 022-247-1111(代表)
泉区家庭健康課 022-372-3111(代表)

※詳しくは「詳細はこちら」をご覧ください。

子育て世帯を応援している宮城県のスポンサー

仙台市青葉区の関連制度

仙台市青葉区のピックアップ