更新に関するお知らせ

大変申し訳ございません。イクハクにおける長野県の子育て支援制度は、更新スタッフの人数不足により、現在掲載しておりません。
新型コロナウイルス感染症の影響により、2019年12月末を以て掲載情報の更新作業を一旦停止しております。当サイトをご利用されておりました皆様には、大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。なお、これまでの情報は更新前の古い状態ではありますが、掲載しておりますのでご覧頂く際にはご注意頂きますようお願い申し上げます。

奨学金制度

奨学金制度のご案内です

  • お金
  • 保育・教育
  • 地域独自

奨学金制度の説明

奨学金制度とは

高校、大学等へ就学する生徒・学生に対して、奨学金、入学準備金(大学のみ)を貸与しております。募集については「詳細はこちら」からご覧ください。

奨学金制度

(1)申込資格・・学校教育法による高等学校、高等専門学校、短期大学、大学または専修学校の生徒・学生で次の要件を備えている方
1.岡谷市に生活の本拠を有し、引き続き1年以上居住していること、または居住していたこと。
2.成績が優秀で身体が健康であること。
3.経済的理由により就学が困難と認められること。
4.独立行政法人日本学生支援機構その他の団体から別に学資等の貸与を受けていないこと。

(2)提出書類
1.奨学生願書(様式第1号)
2.奨学生推薦調書(様式第2号)
3.健康診断書
4.合格通知書(写し)または在学証明書
5.作文(将来の夢や決意等、400字詰原稿用紙2枚程度)

(3)選考方法・・4月下旬開催予定の奨学生選考委員会の審査を経た上で決定いたします。
詳しくは募集要綱をご覧ください。

《公益信託山田徳郎奨学基金(高校在学時の奨学金)について》
〇申込資格
1岡谷市に居住し、長野県内の高等学校に在学する者
2学業、人物ともに優秀な者
3経済的理由により就学が困難であること
(学校の推薦が必要です)
〇給付月額
15,000円(返済不要)
〇募集人員
若干名
〇募集について
「詳細はこちら」からご覧ください。
〇給付方法
年4回に分けて給付(6月・9月・12月・3月)
〇申込方法
別添の申請書、推薦書、推薦調書を提出してください。なお、学校からの推薦が必要となります。(推薦書、推薦調書は学校で作成していただくものになります。)

山田徳郎奨学基金とは・・・
岡谷市横川出身で山田工業(現サンワテクノス株式会社)取締役相談役であった山田徳郎さん(当時79歳)が昭和63年に「郷里の恵まれない環境のもとで、数々の困難に耐えて苦学している高校生たちに支援を行いたい」と私財を投じてつくった奨学基金です。

山田徳郎さんについて
山田さんは子供の時に両親と死別し、小学校高等科2年を卒業後、上京して現在の東京電力の給仕として働く傍ら、夜は早稲田大付属早稲田工手学校電気科に学び苦学。同校卒業後は、会社員になり、ボルネオ島で終戦を迎え帰国、その後会社を設立した。山田さんはこうした苦学の経験から「貧しい家庭で学問をしたいという優秀な学生をなんとかしたい」と考えこの基金を設立した。

※「詳細はこちら」からご覧ください。

子育て世帯を応援している長野県のスポンサー