更新に関するお知らせ

大変申し訳ございません。イクハクにおける長野県の子育て支援制度は、更新スタッフの人数不足により、現在掲載しておりません。
新型コロナウイルス感染症の影響により、2019年12月末を以て掲載情報の更新作業を一旦停止しております。当サイトをご利用されておりました皆様には、大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。なお、これまでの情報は更新前の古い状態ではありますが、掲載しておりますのでご覧頂く際にはご注意頂きますようお願い申し上げます。

障がいを理由とする差別に関する相談窓口

相談窓口一覧です

  • 相談
  • 障がい児
  • 地域独自

障がいを理由とする差別に関する相談窓口の説明

障がいを理由とする差別に関する相談窓口とは

【障がいを理由とする差別に関する相談窓口】

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(平成25年法律第65号)(以下、「障がい者差別解消法」という。)の施行に伴い設置された県内における相談窓口は、次の相談窓口一覧のとおりです。
相談窓口一覧(PDF:123KB)

なお、県健康福祉部障がい者支援課における相談窓口は次のとおりです。

■1実施体制
(1)開設日時平日午前8時30分から午後5時15分まで

(2)人員体制
2名の業務担当者を配置【障がい者差別解消推進員(行政嘱託員)1名、職員(兼任)1名】

■2主な業務内容
(1)障がい者及びその家族その他関係者からの障がいを理由とする差別に関する相談対応
(2)市町村の相談窓口に対する助言等

■3連絡先
(1)電話026-235-7101(障がいを理由とする差別に関する相談専用)
(2)FAX026-234-2369
(3)メールアドレスfuku-shakai@pref.nagano.lg.jp

■障がい者差別解消法について
平成28年4月1日から「障がい者差別解消法」が施行されました。この法律は、障がいを理由とする差別の解消の推進に関する基本的な事項や、国の行政機関、地方公共団体等及び民間事業者における障がいを理由とする差別を解消するための措置などについて定めることによって、すべての国民が障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現につなげることを目的としています。また、行政機関等の職員が「不当な差別的取扱の禁止」や「合理的配慮の提供」について適切に対応すめために、国が定めた基本方針に即して、具体例を盛り込んだ「職員対応要領」を定めるものとされています。(第10条第1項の規定により地方公共団体の策定は努力義務)本県では「職員対応要領」を策定し、長野県の事務又は事業を行うに当たり、障がいを理由とする差別の禁止について、職員が適切に対応するための基本的事項を定めました。

・障がい者差別解消法について(外部サイト)
・障がいを理由とする差別を解消するための職員対応要領
※「詳細はこちら」からご覧ください。

子育て世帯を応援している長野県のスポンサー