イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

いずみファミリー・サポート・センター訪問型病児・病後児保育

子どもが病気のため一時的に集団保育等が困難な場合に預かってもらえます

  • 保育・教育
  • 地域独自

いずみファミリー・サポート・センター訪問型病児・病後児保育の説明

いずみファミリー・サポート・センター訪問型病児・病後児保育とは

子どもが病気のため、一時的に集団保育等が困難な場合に研修を受けた提供会員が子どもを預かる「訪問型病児・病後児保育」を行っています。

対象

原則、市内在住の生後6か月~小学生

費用

1時間800円

※子どもを預けたい保護者(依頼会員)は指定の研修(3時間)を受講し、登録が必要です。
※必ずかかりつけ医で「いずみファミリー・サポート・センター訪問型病児・病後児保育医師連絡票(診療情報提供書)」の提供を受けてください(有料の場合あり)。
※子どもの症状や援助内容等によって当保育が利用できない場合があります。
※援助ができる時間は午後6時までです。

申込や登録方法など詳しくは、いずみファミリー・サポート・センターまでお問い合わせください。

申込・問い合わせ先

いずみファミリー・サポート・センター(特定非営利活動法人 こどもNPOセンターいずみっ子)
住所:和泉市府中町一丁目2-12(和泉府中駅前商店街「ロードインいずみ」内)
電話:0725-45-0659(受付は平日の午前9時~午後4時45分)年末年始は除く

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー