イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

休業だったのに無給だった方、非正規だったので無給になった方、仕事時間が短縮されて賃金が下がった方、確認してください!

  • お金

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の説明

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金とは

新型コロナウイルス感染症の影響により休業になってしまい、休業中に賃金(休業手当)を受けることができなかった方に対して、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金が支給されます。
パート・アルバイトの方も受給可能。
勤め先が休業補償を申請されなかった場合、個人が申請できる制度です。
雇用調整助成金をもらっている場合、申請が不可になっています。
複数事業所の休業について申請可能です。

対象

2020年4月1日から9月30日までの間に事業主の指示を受けて休業(休業手当の支払なし)した中小企業の労働者。(パート・アルバイトを含む)

支援金額

休業前の1日当たり平均賃金(11,000円が上限)× 80% ×(各月の日数(30日又は31日) ー 就労した又は労働者の事情で休んだ日数)

手続内容

郵送による申請 (オンライン申請も準備中)
(労働者本人からの申請のほか、事業主を通じて(まとめて)申請することも可能)

必要書類

・申請書
・支給要件確認書
※事業主の指示による休業であること等の事実を確認するもの。
事業主及び労働者それぞれが記入の上、署名。
※事業主の協力を得られない場合は、事業主記入欄が空欄でも受付。
(この場合、法律に基づき労働局から事業主に報告を求める。)
・本人確認書類
・口座確認書類
・休業開始前賃金及び休業期間中の給与を証明できるもの、

問い合わせ先

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金コールセンター
0120-221-276
月~金 8時30分~20時
土日祝 8時30分~17時15分

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー