イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

傷病手当金(コロナウイルスにかかった場合)

新型肺炎にかかった場合、傷病手当金が国民健康保険加入者にも支払われます!

  • お金
  • その他

傷病手当金(コロナウイルスにかかった場合)の説明

傷病手当金(コロナウイルスにかかった場合)とは

傷病手当金(しょうびょうてあてきん)は、病気休業中に社会保険被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

イクハクの傷病手当金のページは→こちら

厚生労働省から全国保険協会に通達が出ています。
コロナウイルスに感染した場合、傷病手当金の支給対象となりうるとされています。
ホームページはQ&A形式になっていますのでご覧になってから窓口担当者とお話されることをおすすめします。

国民健康保険の保険者である自治体に対しても検討するように事務連絡が出ています。
これまで傷病手当金は国民健康保険加入者には出ませんでした。今回の通達には「国民健康保険 及び後期高齢者医療において、新型コロナウイルス感染症に感染するなどした 被用者に傷病手当金を支給する市町村等に対し、支給額全額について国が特例 的な財政支援を行う」との記載が盛り込まれており、各自治体で対応が始まっています。
お住まいの自治体に問い合わせしてください→PDF


 

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー