イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

不妊に悩む方への特定治療支援事業(特定不妊治療費助成)

特定不妊治療(体外受精や顕微授精)に要する費用の一部を助成

  • 医療
  • 地域独自

不妊に悩む方への特定治療支援事業(特定不妊治療費助成)の説明

不妊に悩む方への特定治療支援事業(特定不妊治療費助成)とは

【令和4年度経過措置について】
不妊治療の保険適用の円滑な移行に向けて、国の方針に準じた経過措置を実施します。
【申請期限の延長について】
令和3年4月1日から令和4年3月31日までに終了した治療分の申請期限を、令和4年6月30日まで延長します。

本事業では、医療保険が適用されず、高額な医療費を要する配偶者間の特定不妊治療(体外受精や顕微授精)を受けられた方を対象に、その経済的負担の軽減を図るため、治療費の一部を助成しています。令和4年度より不妊治療の保険適用化に伴い、令和4年4月1日以降に治療を開始する方の助成制度は廃止されます。

対象

治療開始日の妻の年齢が43歳未満の夫婦(事実婚含む)

助成額

1回30万円 (ただし、治療内容によっては1回10万円)

助成回数

初回治療開始日の妻の年齢が40歳未満であれば、1子ごとに6回まで(40歳以上43歳未満は3回)

申請期限

治療終了日の属する年度の翌年度4月末日

※対象者と助成内容の詳細については、「対象者」「助成内容」を参照してください。

【治療開始日】採卵準備のための投薬開始日若しくは以前に行った体外受精又は顕微授精により作られた受精胚による凍結胚移植を行うための投薬開始日となります。なお、自然周期で採卵を行う場合には、投薬前の卵胞の発育モニターやホルモン検査等を実施した日が治療開始日となります。

【初回治療開始日】初めて助成を受けた治療に対する医師が作成する証明書の治療開始日となります。

【治療終了日】妊娠判定を行った日になります。(もしくは、医学的見地より医師の判断で治療を中断したとき)

対象となる治療法

特定不妊治療
特定不妊治療とは不妊治療のうち、「体外受精及び顕微授精」をいいます。ただし、妊娠判定実施後の治療(流産の予防など)や、卵胞が発育しない場合など、採卵に至らなかった場合は助成対象外です。なお、卵胞を採取したが、卵が得られなかった場合は、助成の対象となります(治療ステージF)。また、特定不妊治療を行うに当たり、精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術(以下「男性不妊治療」という。)も助成の対象となります。
各種治療ステージの詳細については、ダウンロードファイル(体外受精・顕微授精の治療ステージと助成対象範囲)をご覧ください。

対象者

次の1から7全てに当てはまる方が対象になります。

1.特定不妊治療以外の方法では妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと医師に診断されていること
2.大阪市長が指定する医療機関で特定不妊治療をうけたこと(治療が終了していること)
※大阪市以外の医療機関については、所在する都道府県・政令指定都市・中核市の指定を受けている場合対象になります。詳しくは厚生労働省ホームページでご確認ください。
3.次に挙げる治療法ではないこと
・夫婦以外の第三者からの精子・卵子・胚の提供による不妊治療
・代理母(夫の精子と妻以外の卵子を妻以外の子宮に医学的な方法で注入して、妊娠、出産してもらい、その子どもを当該夫婦の子どもとするもの)
・借り腹(夫の精子と妻の卵子を体外受精して得た胚を妻以外の第三者の子宮に注入して当該第三者が妻の代わりに妊娠、出産するもの)
4.申請時点(保健福祉センターに申請書等を提出する日)で大阪市内に住所を有していること
5.原則、治療開始時点から法律上の婚姻をされているご夫婦
※事実婚関係の方も対象
6.治療開始時の妻の年齢が43歳未満であること
※新型コロナウィルス感染拡大に伴う特例措置あり

助成回数

通算助成回数は、初回治療開始時点の妻の年齢が40歳未満の場合は通算6回まで、40歳以上43歳未満の場合は通算3回までです。
※通算助成回数は1子ごとになります。助成を受けた後、出産又は妊娠12週以降に死産に至った場合、これまで受けた助成回数をリセットすることができます。(助成制度の利用によらない自然妊娠や自費による治療により出産した場合も対象)過去の助成回数すべてがリセットされるわけではなく、1子ごとに対して通算回数をカウントします。
※大阪市以外の自治体から助成を受けたことがある場合は、通算回数に含めます。
※初回治療とは助成申請する申請のうち治療終了日が最も早い治療です。

申請窓口・申請期限

申請窓口

お住まいの区の保健福祉センター保健業務担当(送付による申請はできません)
なお、申請書類一式の窓口への持参は代理人でも可能です。

申請期限

令和3年度申請(令和3年4月1日から令和4年3月31日までに終了した治療分)の申請期限を令和4年6月30日まで延長します。令和4年6月30日の申請期限までに、医師の証明書等必要書類を添えて申請書を提出してください。申請期限を過ぎての申請受付はいたしませんので、ご注意ください。
令和4年度経過措置(令和4年3月以前に治療開始し、令和4年4月以降に終了した治療分)の申請期限は、令和4年12月28日までを予定しています。

必要書類

(1)大阪市不妊に悩む方への特定治療支援事業申請書(様式第5号)
申請書の裏面の注意書きをよく読んで、記入してください。
(2)大阪市不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書(医療機関発行のもの)(様式第6号-1、第6号-2)
治療が終了してから受診した医療機関で作成してもらい提出してください。男性不妊治療の助成を受ける場合、男性不妊治療を実施する医療機関として指定された医療機関にて治療を実施し、「様式6号-2」を医療機関にて記載する必要があります。
※この受診等証明書の作成には各医療機関が定める文書作成料が必要となる場合があります。
(3)大阪市に住所を有している証明
 夫婦おふたりの住民票(世帯主、続柄が記載されたもの)※発行日より3か月以内で個人番号(マイナンバー)の記載がないもの
(4) 夫婦であることを証する書類
戸籍抄本等  ※発行日より3か月以内のもの
※(3)の住民票(世帯主、続柄が記載されたもの)で証明できる場合は、不要です。ただし、通算1回目の申請をされる方は、治療開始時から法律上の婚姻をしている夫婦であることを確認するため、戸籍抄本(原本)の添付が必須となります。
(5)医療機関発行の領収書の原本
(2)の受診等証明書に記載された領収金額を証明できるもの※申請には原本をご持参ください。
注)医療費控除を受ける際(確定申告)にも、領収書の原本が必要となりますので下記の注意事項をご確認下さい。
(6)助成金振込先指定口座が確認できる通帳・キャッシュカードの写し等(任意:申請者の口座に限る)

助成回数リセット、事実婚関係の方に必要な書類

1子ごとの助成回数(助成回数のリセット)とする方は、出産に至った場合、住民票(世帯全員)及び戸籍謄本、妊娠12週以降に死産に至った場合、死産届の写し等が必要です。
事実婚関係の方は、両人の戸籍謄本、住民票、及び「事実婚関係に関する申立書(様式第14号)」が必要です。

注意事項

※(1)(2)については、指定医療機関または各区保健福祉センター保健業務担当にあります。(5)については、原本の返却が必要な方は、申請窓口でお申し出いただければ、保健福祉センターで、原本照合した上で返却します。

大阪市内の指定医療機関一覧

(1)医療法人 一樹会 大阪NewARTクリニック
住所:郵便番号530‐0001 大阪市北区梅田2‐6‐20 パシフィックマークス西梅田10F
電話:06‐6341‐1556
FAX:06‐6341‐1557
(2)医療法人 聖誕会 うめだファティリティークリニック
住所:郵便番号531‐0072 大阪市北区豊崎3-17-6
電話:06‐6371‐0363
FAX:06‐6372‐0585
(3)医療法人 越田クリニック
住所:郵便番号530‐0017 大阪市北区角田町1‐12
電話:06‐6316‐6090
(4)医療法人 愛生会 扇町レディースクリニック
住所:郵便番号530-0026 大阪市北区神山町1-7 アーバネックス神山町ビル5F
電話:06‐6311‐2511
(5)リプロダクションクリニック大阪
住所:郵便番号530-0011 大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA15階
電話:06-6136-3344
(6)医療法人 三慧会 HORAC グランフロント大阪クリニック
住所:郵便番号530-0011 大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB15階
電話:06-6377-8824
(7)小林産婦人科
住所:郵便番号534-0014 大阪市都島区都島北通1-14-24
電話:06-6924-0934
(8)医療法人 西恵会 西川婦人科内科クリニック
住所:郵便番号541‐0051 大阪市中央区備後町4‐1‐3 御堂筋三井ビル1階
電話:06‐6231‐6335
(9)レディースクリニック北浜
住所:郵便番号541‐0043 大阪市中央区高麗橋1-7-3 ザ・北浜プラザ3F
電話:06‐6202-8739
(10)医療法人 正育会 春木レディースクリニック
住所:郵便番号542-0081 大阪市中央区南船場3‐12‐9 心斎橋プラザビル東館8F
電話:06‐6281‐3788
(11)ウィメンズクリニック本町
住所:郵便番号541-0057 大阪市中央区北久宝寺町3‐6-1 本町南ガーデンシティ8階
電話:06-6251-8686
(12)IVFなんばクリニック
住所:郵便番号550‐0015 大阪市西区南堀江1-17-28
電話:06‐6534‐8824
(13)医療法人 脇本産婦人科
住所:郵便番号543‐0012 大阪市天王寺区空堀町1‐19
電話:06‐6761‐5537
(14)レディースクリニックかたかみ
住所:郵便番号532-0011 大阪市淀川区西中島1-11-23 ユニティ北川口1階
電話:06-6100-2525
(15)大阪鉄道病院
住所:郵便番号545-0053 大阪市阿倍野区松崎町1-2-22
電話:06-6628-2221(2240)
(16)岡本クリニック
住所:郵便番号558‐0004 大阪市住吉区長居東3‐4‐28
電話:06‐6696‐0201
(17)大阪急性期・総合医療センター
住所:郵便番号558-8558 大阪市住吉区万代東3-1-56
電話:06-6692-1201
(18)医療法人 オーク会 オーク住吉産婦人科
住所:郵便番号557‐0045 大阪市西成区玉出西2‐7‐9
電話:06‐4398‐1000
(19)一般財団法人 住友病院
住所:郵便番号530-0005 大阪市北区中之島5-3-20
電話:006-6443-1261
(20)大阪京橋ゆたかクリニック
住所:郵便番号534-0024 大阪市都島区東野田町3-1-17
電話:06-6357-3450
(21)大阪警察病院
住所:郵便番号543-0035 大阪市天王寺区北山町10-31
電話:06-6771-6051
(22)レディース&ARTクリニック サンタクルス ザ ウメダ
住所:郵便番号530-0013大阪市北区茶屋町8-26 3階
電話:06-6374-1188
(23)奥野病院
住所:郵便番号545-0001大阪市阿倍野区天王寺町北2-31-4
電話:06-6719-2200
(24)岡本クリニック
住所:郵便番号558-0004大阪市住吉区長居東3-4-28
電話:06-6696-0201

お問い合わせ

お住まいの区の保健福祉センター保健業務担当または、大阪市こども青少年局管理課(母子保健)

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー