イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

B型肝炎ワクチンの定期予防接種

B型肝炎の予防接種が定期接種になりました

  • お金
  • 医療
  • 生活

B型肝炎ワクチンの定期予防接種の説明

B型肝炎ワクチンの定期予防接種とは

・B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。
・B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(この状態をキャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人では肝硬変や肝がんなど命にかかわる病気を引き起こすこともあります。
・ワクチンを接種することで、体の中にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができます。
・免疫ができることで、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、キャリアになることを予防でき、まわりの人への感染も防ぐことができます。
※予防接種を受けてもお子さんの体質や体調によって免疫ができないことがあります。

定期接種について

2016年10月から、このB型肝炎ワクチンの予防接種が定期接種になりました。定期接種とは、国が「一定の年齢になったら、受けるように務めなければいけない」とし、感染力が強く、予防の必要性が高い病気に対するものです。 決められた期間内なら、基本的に無料で受けられますが、自治体によっては有料のところもあります。

対象者

平成28年4月1日以降に生まれた0歳の人(1歳のお誕生日の「前日」まで)

料金

対象期間内は無料のところが多いですが、それぞれの市区町村でよく確認しましょう。
※1歳のお誕生日の「当日」以降の接種は有料(5,000円程度)です。

標準接種スケジュール(接種をおすすめしている期間)

1回目接種:生後2か月以降
2回目接種:1回目の接種から4週以上の間隔をあける
3回目接種:1回目の接種から20~24週の間隔をあける

持ち物

・母子健康手帳
※他にも予防接種券や予診票が必要な場合があります。お住まいの地域でご確認ください。

接種当日の注意

・朝からお子さんの状態をよく観察し、体温が平熱であることなど、普段と変わらないことをご確認ください。副反応を避けるためにも、少しでも体調が悪い時には次の機会に延ばしましょう。
・予診票は、接種医への大切な情報です。特に、最近受けた予防接種、アレルギーなどの体質や健康状態は正確に詳しくご記入ください。心配なことがあるときは医師に相談しましょう。

予防接種後の注意

・接種後30分間程度は、すぐに対応してもらえるように医療機関でお子さんの様子を観察するか、医師とすぐ連絡を取れるようにしておきましょう。この間に急な体調の変化が起こることがあります。
・接種後は、寄り道などせず帰宅し、普段どおりゆったりと過ごしましょう。接種した箇所は清潔に保ってあげてください。
・当日の入浴は差し支えありませんが、注射した部位をこすらないように気をつけましょう。

※提携医療機関など、詳しくはお住まいの市区町村でよくご確認ください。

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー

堺市堺区の関連制度

堺市堺区のピックアップ