イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

障害のある子どものための支援制度「その他生活に関することについて」

障害のある子どものための支援制度「その他生活に関することについて」

  • お金
  • 障がい児
  • 生活
  • 地域独自

障害のある子どものための支援制度「その他生活に関することについて」の説明

障害のある子どものための支援制度「その他生活に関することについて」とは

障害のある子どものための支援制度に関するご案内です。

その他生活に関することについて

【福祉サービス】
下記の福祉サービスに関する相談は市町福祉担当課で応じています。
なお、世帯の所得の状況に応じて費用の負担があります。
〇障害児通所支援
心身に障害のある児童が、身近な地域で受けられる専門的な支援として、通所利用の障害児への支援だけでなく、保育所等の施設に通う障害児に対する支援などがあります。具体的なサービスの種類は児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス及び保育所等訪問支援があります。
〇障害児の短期入所
在宅の心身障害児を介護している方が、病気又はその他理由により一時的に介護が困難になるような場合、障害児(者)施設を短期間利用できます。
〇ホームヘルパーの派遣
障害児のいる家庭にホームヘルパーが訪問することで日常生活を営むのに必要な身の回りの世話や外出のための援助、相談、助言などが受けられます。
問い合わせ先:市町福祉担当課

【補装具】
身体障害児の身体上の障害を補い日常生活を容易にするため、補装具費の支給を行っています。
なお、世帯の所得の状況に応じて支給が制限される場合や、費用の負担があります。
問い合わせ先:市町福祉担当課

【軽度・中等等難聴児補聴器購入費等助成制度】
身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度の聴覚障害を持つ18歳未満の児童の補聴器購入や修理について費用の一部を助成します。
なお、世帯の所得の状況に応じて支給が制限される場合や、費用の負担があります。
問い合わせ先:市町福祉担当課

【日常生活用具】
重度障害児の日常生活を容易にするため、地域の実情に応じて日常生活用具が給付または貸与されます。
なお、世帯の所得の状況に応じて支給が制限される場合や、費用の負担があります。
問い合わせ先:市町福祉担当課

【障害児入所施設等】
肢体不自由児や知的障害児又は重症心身障害児が入所しながら、治療や日常生活の基本的な生活訓練、社会に適応するための知識や技能などの指導が受けられます。
問い合わせ先:各児童相談所

障害のある子どものための支援制度「その他生活に関することについて」に関するお問い合わせ

こども政策課
郵便番号320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階
電話:028-623-3068
FAX:028-623-3070
Email:kodomo@pref.tochigi.lg.jp

子育て世帯を応援している栃木県のスポンサー