イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

妊産婦医療費助成制度

妊産婦の保険適用分の医療費を助成

  • お金
  • 医療
  • 妊娠
  • 地域独自

妊産婦医療費助成制度の説明

妊産婦医療費助成制度とは

妊産婦に対し、申請月から出産月の翌月末までの、保険適用分の医療費を助成します。

受給資格

妊娠の届出をした人で、町内に住所があり、国民健康保険・社会保険などに加入している人。

受給期間

妊娠の届出をした月の初日から出産した月の翌月末日

助成される医療費

病気、けがなどの診療のうち、保険診療が適用された医療費の自己負担分が助成されます。
(妊娠に関わる診療を受けた場合に限り妊娠の届出前の医療費も助成されます)
1レセプトごとに自己負担500円(ただし、薬局薬店は除きます)

※健康保険組合や共済組合などから一部負担還付金や家族療養付加金が支給されるときは、その額を差し引いた分が助成されます。

助成申請の手続き

1.助成申請書の「申請者記入欄」に必要事項を記入する。
2.助成申請書の「医療機関記入欄」に、受診した医療機関の窓口で、受給者証を提示して保険点数などの証明を受ける。ただし、受診者名、保険点数・負担割合などが記載され領収印のある領収書の場合は添付することで証明にかえることができます。
3.助成申請書を健康福祉課窓口に提出する。
 (受診月の翌月以降に提出すること。郵送での申請も可)
4.申請日の翌月末に助成金が支払われます。
 ※助成申請は、診療日の月の翌月初日から数えて1年以内に提出しないと助成が受けられなくなります。

内容の変更

健康福祉課の窓口で手続きをしてください。

〇加入する健康保険が変わったとき
→ 印鑑、健康保険証、受給資格者証を持参

〇住所や氏名が変わったとき
→ 印鑑、受給資格者証を持参

子育て世帯を応援している栃木県のスポンサー

市貝町の関連制度

市貝町のピックアップ