更新に関するお知らせ

大変申し訳ございません。イクハクにおける栃木県の子育て支援制度は、更新スタッフの人数不足により、現在掲載しておりません。
新型コロナウイルス感染症の影響により、2019年12月末を以て掲載情報の更新作業を一旦停止しております。当サイトをご利用されておりました皆様には、大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。なお、これまでの情報は更新前の古い状態ではありますが、掲載しておりますのでご覧頂く際にはご注意頂きますようお願い申し上げます。

イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

こどもの虐待に気付いたら

虐待かな?と思ったら迷わずご連絡ください

  • 保育・教育
  • 相談
  • 地域独自

こどもの虐待に気付いたらの説明

こどもの虐待に気付いたらとは

虐待かな?と思ったら迷わずご連絡ください

1.虐待って?

【こんなことをすると虐待にあたります】
〇身体的虐待
殴る、蹴る、首を絞める、投げ落とす、熱湯をかける、タバコの火を押し付ける など

〇性的虐待
子どもへの性交、性的暴行、性的行為を強要する、性器や性交を見せ付ける、ポルノ写真の被写体にする など

〇養育の怠慢・拒否(ネグレクト)
食事を与えない、入浴させない、病気でも病院に連れて行かない、子どもの意志に反して学校に行かせない、乳幼児だけおいて外出する など

〇心理的虐待
言葉による脅かし、無視、拒否的態度をとる、自尊心を傷つける言動をとる、他の兄弟と著しく差別する、夫婦間の暴力を子どもに見せる など

【こんなサイン(不自然さ)から虐待の早期発見が可能です!】
虐待が疑われる子どもの状況
〇不自然な傷
・普通に遊んでいて怪我をするはずのないような部位に傷がある。
・繰り返し見られる傷跡(傷が治ってもまたすぐに発生する新たな傷等)がある。 など

〇不自然な表情
・無表情である。怯えるような表情を見せる。
・凍りついたような目でじっと見る。 など

〇不自然な行動
・保護者の前で急にそわそわして落ち着きがない行動をとる。
・衣服を脱ぐことを嫌がる。 など

〇その他の不自然さ
・体重や身長の増加が遅い。
・からだ、衣服が不潔。
・季節外れの衣服を着ている。
・言葉の発達が極端に遅い。 など

虐待が疑われる保護者の状況
〇不自然な親の行動
・小さな子どもを置いたまま、しょっちゅう外出している。
・子どもが怪我をしたり病気になっても医者に見せようとしない。
・アルコールを飲んで暴れていることが多い。

〇不自然な保護者の説明
・話をしているうちに言っていることがころころ変わる。 など

このような不自然さがあるからといって、必ずしも全てが虐待によるものと決め付けることはできませんので注意願います。

2.虐待通告(連絡)は義務です!

虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに市町村等に通告(連絡)しなければならない、と法律で定められています。

3.虐待に気付いたら

相談・通告から「支援」が始まります。

相談(通告)機関に連絡(通告)することは、虐待者を処罰することでなく、問題を抱えている家庭に支援の手をさしのべ、子どもや家庭を救うことです。虐待だと確信できなくても、おかしいと気づいたら市町や児童相談所等に連絡しましょう!
なお、連絡を受けた機関には秘密を守る義務がありますので、安心して連絡してください。

こどもほっとライン(児童虐待相談窓口)

4.その他

児童相談所とは?
虐待相談件数は?
STOP!児童虐待(PDF:2,105KB)(児童虐待防止啓発用リーフレット)

お問い合わせ

中央児童相談所 TEL:028-665-7830
県南児童相談所 TEL:0282-24-6121
県北児童相談所 TEL:0287-36-1058
県内の市町村(市福祉事務所)

こども政策課
郵便番号320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階
電話:028-623-3068
FAX:028-623-3070
Email:kodomo@pref.tochigi.lg.jp

子育て世帯を応援している栃木県のスポンサー