リトルベビーハンドブック

母子手帳といっしょに使ってね。小さく生まれたお子さんのためのハンドブックです

  • 保育・教育

リトルベビーハンドブックの説明

リトルベビーハンドブックとは

日本の赤ちゃんの出生時の平均体重は約3㎏、平均身長は約50cmです。
しかし2019年の統計では全体の9.4%の赤ちゃんが2.5㎏未満、1.0㎏未満の赤ちゃんも0.3%(全国で2600人以上)いました。

一般に配布される母子健康手帳の発育曲線グラフの体重は1㎏から、身長は40cmからです。体重や身長を書こうと思ったら目盛りがありません。保護者は出生時の体重が書けて、リトルベビーハンドブックでは体重の目盛りのスタートは0からです。
子供の成長に合わせた記載が可能です。
また子育ての先輩からの温かいメッセージも書かれています。NICU(新生児集中治療室)入院中の情報を職員等が書き込んだり、退院後は地域の助産師が産後ケア、保健師が家庭訪問や乳児検診等に活用したり、かかりつけ以外の医師が経過を確認できるようにしています。

リトルベビーハンドブックがあることにより、広く医療機関や地域保健機関が、情報を共有できるようになります。また、困ったときの相談先などの情報もまとまっており、できるだけ早期から寄り添いネットワークにコンタクトできることも大きな目的の一つです。

以下の地域で採用されており、各県のHPでリトルベビーハンドブックの全ページがご覧いただけます。

静岡県 
岐阜県 
福岡県 
広島県 
愛知県 
佐賀県 
福島県 
山梨県 

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー