• 友だち追加
  • Tiktok
  • Youtube
  • イクハクから子育て制度の速報を配信中

イクハクから子育て制度の速報を配信中

  • 友だち追加
  • Tiktok
  • Youtube
  • 新児童手当はいくら?計算シミュレーション
  • 扶養内で働くパート年収(金額)を自動計算


軽度難聴児補聴器購入助成事業

軽度の難聴児に対して、補聴器の購入に要する費用の一部を助成

  • 医療
  • 地域独自

軽度難聴児補聴器購入助成事業の説明

軽度難聴児補聴器購入助成事業とは

国(補装具費の支給基準)、大阪府(難聴児補聴器交付事業)の対象とならない軽度の難聴児に対して、補聴器の購入に要する費用の一部を助成します。
※助成を受けるためには、補聴器購入前に申請が必要です!

軽度難聴児補聴器購入助成対象者

両耳の聴力レベルが30デシベル以上60デシベル未満であり、他の制度による助成の対象とならない18歳未満の児童であって、世帯に市民税所得割額が46万円以上の方がいないこと。

助成額

1.生活保護世帯
1台につき46,534円(イヤーモールドを含む場合56,074円)と実購入額のいずれか低い方の額
2.生活保護世帯以外の世帯
1台につき31,034円(イヤーモールドを含む場合37,474円)と実購入額から保護者負担額[実購入額×1/3(100円未満切り捨て)]を引いた額のいずれか低い方の額

その他

助成を受けるためには、補聴器購入前に申請が必要です。申請方法等につきましては障害福祉課までお問い合わせくださいね。なお、購入してから領収書を持参されても受付できませんのでご注意ください。
 

羽曳野市の制度カテゴリーから探す

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー