【フラット35】地域連携型(子育て支援)

若年子育て世帯やUIJターンを契機として住宅を取得する場合に、金利が一定期間安くなる制度です。

  • 生活

【フラット35】地域連携型(子育て支援)の説明

【フラット35】地域連携型(子育て支援)とは

若年子育て世帯やUIJターンを契機として住宅を取得する場合に、金利が一定期間安くなります。
子育て支援に積極的な地方公共団体と住宅金融支援機構が連携し、住宅取得に対する地方公共団体による財政的支援とあわせて、【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる制度です。
※機構と協定を締結し、連携する地方公共団体に限ります。

連携する地方公共団体は、こちらのページをご覧ください。

【フラット35】地域連携型(子育て支援)の金利引き下げ期間は?

当初10年間

金利引き下げ幅

通常の【フラット35】の借入金利から0.25%下がる

※【フラット35】地域連携型には予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は受付を終了します。
受付終了日は、終了の3週間前までに、サイトページでお知らせします。
※【フラット35】地域連携型は、【フラット35】借換融資にはご利用できません。
※【フラット35】子育て支援型・地域活性化型は【フラット35】S等と併用することができます。

ご利用いただくための要件

地域連携型利用対象証明書および【フラット35】適合証明書は、借入れの契約時までに金融機関へ提出する必要があります。

【フラット35】地域連携型(子育て支援)のお得さ

〇試算例
借入額3,000万円(融資率9割以下)、借入期間35年、元利均等返済、ボーナス返済なし、
借入金利年1.50%の場合

【フラット35】地域連携型(子育て支援)なら、【フラット35】より総返済額が約73万円お得!

地方公共団体が住宅金融支援機構と連携している場合にしか利用できません。連携している地域かどうかのチェックや申し込み方法など詳しくは「手続きなどの詳細はこちら」をご確認ください。

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー