イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

大阪市ファミリー・サポート・センター事業

お子さんを預けたり。預かったり。会員登録しませんか?

  • 保育・教育
  • 地域独自

大阪市ファミリー・サポート・センター事業の説明

大阪市ファミリー・サポート・センター事業とは

新型コロナウイルス感染症対策に伴い、ファミリー・サポート・センター事業を利用した場合において、利用料相当額(上限あり)を助成する制度を2021年度も引き続き実施します。詳しくは、こちらをご覧ください。

「お子さんを預かってほしい方」
「お子さんを預かることができる方」
ファミリー・サポート・センター事業は、子育てを援助してほしい人(依頼会員)と、子育てを援助したい人(提供会員)がお互いに信頼関係を築きながら、子どもを預けたり、預かったりする子育て援助活動です。

主な活動内容

・保育所・幼稚園・学校等の開始前・終了後、休みのときの預かり
・保育所・幼稚園・学校等への送迎
・子どもの体調不良等、会員の育児に伴う負担軽減等(リフレッシュ)、臨時的・突発的に援助が必要な場合の預かり
※子どもを預かる場所は、会員の自宅のほか子どもの安全が確保できる場所とし、会員間の合意、及びコーディネーターの承認により決定します。

会員になるには

会員登録をご希望の方は、お住まいの区のファミリー・サポート・センター窓口にお問い合わせください。
※登録時には、保護者(ご登録者)の上半身の写真(4cm×3cm)1枚及び本人確認できるものが必要です。

会員登録の条件

子育てを援助してほしい方(依頼会員)

・市内在住で、おおむね生後3か月から10歳未満のお子さんがいる方

子育てを援助できる方(提供会員)

・市内在住で、自宅でお子さんを預かることができる方(19歳以上)
・子育てで社会に役立ちたいと思っている方
※提供会員として活動するためには、講座(24時間)の受講が必要です。
※依頼会員、提供会員の両方に登録することも可能です。
※会員を対象とした研修会や交流会を、適宜実施しています。

利用料金(1時間あたり)

・通常(7時〜20時):800円
・早朝・夜間(通常以外の時間):900円
・土・日・祝日・年末年始(12/29〜1/3):900円
・子どもが体調不良の場合:900円
(注)体調不良の子どもの援助についてをご確認ください。
※交通費、食事(ミルク)、おやつ代、おむつ代等の実費は、援助活動が終了した後、依頼会員が提供会員に直接お支払いください。

国の幼児教育・保育の無償化に伴い、一部の利用者については利用料が無償となります。
なお、すべてのファミリー・サポート・センター支部が無償化の対象となります。
※制度の詳細は、下記ページをご覧ください。
https://www.city.osaka.lg.jp/kodomo/page/0000475751.html

利用方法

ファミリー・サポート・センターが、条件の合う会員同士をペアリングします。
ペアリングで、援助活動内容の合意が得られた後、実際の援助活動が開始します。
※依頼会員が、お願いしたい援助活動は、ファミリー・サポート・センター窓口を通して申し込みます。
※詳しいご利用方法は、ファミリー・サポート・センター窓口にお問い合わせください。

ファミリー・サポート・センター本部及び支部一覧

大阪市ファミリー・サポート・センター本部及び支部一覧(PDF: 163.96KB)

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー