イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

里親制度

里親の種類はいろいろ。あなたも里親になってみませんか

  • その他

里親制度の説明

里親制度とは

子どもは、親の深い愛情につつまれて、家庭ですこやかに育つことが望まれています。
しかし、さまざまな事情で家庭を離れて生活しなければならない子どもたちが数多くおり、乳児院や児童養護
施設などで生活しています。家庭で育てられなくなった子どもたちを家庭に受け入れて深い愛情と理解を持って
育ててくださる方を「里親」といいます。
今、子どもたちがすこやかに育つために、あなたの家庭を求めています。

里親の種類

【はぐくみホーム】
事情があって家庭で育てられない子どもを一定期間、家庭で育ててくださる方。
(一定の事前研修が必要です。)

【養子縁組】
親が養育できない子どもを養子として育ててくださる方。
(一定の事前研修が必要です。)

【親族里親】
両親が死亡、行方不明等の事情により子どもを養育できなくなった時、
祖父母・兄姉など子どもの親族で、養育してくださる方。

【専門里親】
虐待などで心身共に傷ついた子どもに対し、経験と専門知識を生かし、
家庭で養育してくださる方。(一定の要件と専門里親養成研修が必要です。)

【週末里親】
児童養護施設等で生活する子どもを週末や夏休み等に家庭で過ごさせてくださる方。
お問い合わせは家庭養護促進協会(電話:06-6762-5239)まで

里親になるために

大阪府内(大阪市、堺市除く)にお住まいの方が里親になるためには、お住まいの地域の子ども家庭センターまたは里親支援機関に
お申込みいただき、面接や研修等を受けていただく必要があります。

お問い合わせ先

里親に興味のある方は、お住まいの地域の里親支援機関または子ども家庭センターまでお問合せください。
里親支援機関・大阪府子ども家庭センターの問合せ先はこちら

 

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー