イクハクは企業スポンサーのご支援で運営しています

産科医療補償制度

重度脳性麻痺の赤ちゃんに対して総額3,000万円が保証金として支払われる

  • お金
  • 医療
  • 相談
  • 妊娠

産科医療補償制度の説明

産科医療補償制度とは

お産の現場では、赤ちゃんが健康で、元気に生まれてくるために、医師や助産師などがたいへんな努力をしていますが、それでも予期せぬできごとが起こってしまうことがあります。
産科医療補償制度は、お産をしたときになんらかの理由で重度脳性麻痺となった赤ちゃんとそのご家族のことを考えた補償制度です。

分娩に関連して発症した重度脳性麻痺の赤ちゃんに対して、看護・介護のために、一時金600万円と分割金2,400万円(年間120万円を20回給付)、総額3,000万円が補償金として支払われます。
<注意!>2014年12月31日までに出生したお子様と2015年1月1日以降に出生したお子様で、補償対象の範囲が異なります。

補償対象

2009年1月1日以降に出生したお子様で、次の基準をすべて満たす場合、補償対象となります。
なお、2009年1月1日から2014年12月31日までに出生した場合と、2015年1月1日以降に出生した場合で、在胎週数や出生体重の基準、および在胎週数28週以上の「所定の要件」が異なります。

2009年1月1日から2014年12月31日までに出生したお子様の場合

1.出生体重2,000g以上かつ在胎週数33週以上、または在胎週数28週以上で所定の要件
2.先天性や新生児期等の要因によらない脳性麻痺
3.身体障害者手帳1・2級相当の脳性麻痺

2015年1月1日以降に出生したお子様の場合

1.出生体重1,400g以上かつ在胎週数32週以上、または在胎週数28週以上で所定の要件
2.先天性や新生児期等の要因によらない脳性麻痺
3.身体障害者手帳1・2級相当の脳性麻痺

気になることがあれば、
産科医療補償制度専用コールセンターまでお電話ください。
0120-330-637
午前9時~午後5時(土日祝を除く)

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー

堺市堺区の関連制度

堺市堺区のピックアップ