生活困窮者自立支援制度

生活保護受給を検討する前に相談してみてください

  • 生活

生活困窮者自立支援制度の説明

生活困窮者自立支援制度とは

2015年から、生活全般にわたるお困りごとの相談窓口が全国に設置されています。 
働きたくても働けない、住む所がない、など、まずは地域の相談窓口に相談ください。
相談窓口では一人ひとりの状況に合わせて、支援プランを作成してくれます。
専門の支援員が他の専門機関と連携して、解決に向けた支援を行っています。

生活困窮者自立支援制度の対象者は?

生活困窮者とは、下記のような理由で生活に困窮してしまった人のことを言います。
・離職後に再就職ができず自信を失ってしまった
・家族の介護のため収入の高い仕事ができない
・配偶者のDV被害から逃れたが子どもが幼いため就業が難しい
・いじめなどから学校を中退して引きこもりになり社会復帰ができない
・家計が管理できず借金がかさんでしまった
このような人々は経済的あるいは社会的な変化によって発生しやすく、今も一定数の生活困窮者が存在しています。
2015年から生活困窮者を支援する制度が始まっていますが、この支援を行うために整備されたのが、生活困窮者自立支援法です。

生活困窮者とはどのような状態か?

お仕事やご家庭の状況、心身の不調など、なんらかの事情によって経済的に困窮し、最低限度の生活を維持することができなくなるおそれのある状態の方です。

生活困窮者自立支援制度の特徴は?

子どもの学習支援をはじめ、日常的な生活習慣、仲間と出会い活動ができる居場所づくり、進学に関する支援、高校中退の防止支援などをします。 また、子どもの進学について保護者に助言するなど、子どもと保護者の双方に対して必要な支援を行います。

生活困窮者自立支援制度の相談窓口は?

生活困窮者自立相談支援機関
令和元年度生活困窮者自立相談支援機関一覧→こちら

生活困窮者自立支援制度の事業内容は?

自立相談支援事業

どのような支援が必要かを相談者と一緒に考え、具体的な支援プランを作成し、自立に向けた支援を行っています。

住居確保給付金の支給

就職に向けた活動をするなどを条件に、一定期間、家賃相当額を支給します。
生活の土台となる住居を整えた上で、就職に向けた支援を行っています

・就労準備支援事業
・家計相談支援事業
・就労訓練事業
・生活困窮世帯の子どもの学習支援
・一時生活支援事業

 

子育て世帯を応援している大阪府のスポンサー